どうして起こるの不登校!解決法と学校の選び方

不登校の原因は一体何?

近年、中学生や高校生に限らず、大学生や小学生に至るまで不登校が増えています。では、その原因は一体何なのでしょうか?多くの小学生~高校生の不登校に関してあてはまる原因が、学校内でのトラブルやいじめです。トラブルやいじめといっても、部活やクラス、または教師との折り合いが悪く、通いたくないと言った場合や、先輩からの一方的ないじめを受けている場合などたくさんの原因が考えられます。次に多いのが無気力です。これは決して怠けているわけではありません。よくこれで話題になるのは大学生ですが、中学生~高校生にも十分当てはまります。(小学生でももちろんあります)思春期で考えることが多い時期だからこそ起こりうる原因です。

不登校はどうやって解決すればいいの?

まずは話を聞くことが一番ではないかと考えられます。なぜなら、一番の解決策は「原因を取り除くこと」であるからです。上記で説明したように、不登校には様々な原因が考えられます。特にイジメの場合、親が学校に問い合わせなどをした結果学校中が大騒ぎになり、子供の学校での立場がなくなってしまったことで、転校せざるを得なくなったという事例もあります。決して急ぐのではなく、子供の話を聞き、どうしてほしいかを聞くことが大切です。どうしても学校にいけないという場合も、子供を責めてはいけません。フリースクールや通信学校など、学ぶ場所はたくさんあります。また、どうしても親が対応できないという場合は、決して無理はしないでください。カウンセラーやNGO団体など、不登校に関する専門家に頼ることもまた方法の一つです。思いつめるのではなく、話し合い、協力して解決していくことが大切だということを忘れないようにしてください。

不登校になる主要な原因はいじめでしょう。また、以外な原因として、夜の塾通いなどによる不規則な生活や睡眠不足により、慢性疲労が蓄積し、その結果、体調不良によって引き起こされるケースもあるようです。