税理士ってどんな仕事?どうすれば税理士になれる?

税金のスペシャリスト!税理士ってどんな仕事?

税理士とは、国家資格の一つであると同時に、税金に関するスペシャリストを言います。税理士の仕事は大きく分けて、依頼者に代わって税務書類を作成する事と依頼者の税務を代理する事、そして税金に関する相談を受ける事であり、これらは税理士の独占業務となっています。また、税務書類の作成と言っても、それは確定申告書だけではなく、申告書に添付する附表や各種申請書、届出書といった税務に関する書類も含まれますし、税務代理はそうした税務書類の提出や依頼者に代わって行う税務調査の対応なども含まれます。なお、税務相談は、個別の事案に関するものが対象となる為、例えば、一般的な税金の計算方法などを教える場合は対象外となります。

税理士になる為には税理士試験の合格と実務経験が必要

前述の通り、税理士の仕事の大部分は独占業務であり、資格を持たない人がそうした仕事を行うと、税理士法に違反する事になります。では、税理士の資格を得る為にはどうすれば良いのかと言うと、税理士試験に合格し、2年以上の実務経験を経た上で、税理士法に定められた税理士登録を行う必要があります。税理士試験は、簿記論と財務諸表論の必須科目と、選択必修科目である法人税法と所得税法のうちのどちらか一つ、そして7つの税法から3つを選択し、合計5科目に合格して初めて税理士試験の合格となります。また、実務経験は、会社などおける税務に関する事務や会計に関する事務を指しますが、特別な判断を必要としない事務は除かれますので、単に2年以上働いていれば良いわけではない点に留意して下さい。

確定申告などの相談事があるならば、葛飾区の税理士に依頼する方法がおすすめです。実績が豊富ですから、書類の作成や申請の手続きをお願いすることも可能です。