若いうちからお金を動かすことが成功へのコツ

時間の流れを味方につけるメリット

雇用の流動化や非正規労働者の増加から、将来の収入に展望を見いだせないケースが増えてきました。下流老人という言葉のように、普通に定年まで働くことだけでは老後の生活が保証されない時代になっています。現状、20代や30代の若年層の方は、早い段階から資産運用について考え、具体的な行動を始めるべきです。仕事のスキルを高めるのと同様に、将来の生活をより豊かなものにするでしょう。早いうちから資産運用を始めることには大きなメリットがあります。それは時間の流れを利用できることです。投機とは異なり、投資はその出資先から生み出される利益を享受することが儲けの源泉になります。つまり多くの時間があればそれだけ多くの生産活動が可能になり、それが投資家の利益へと繋がっていくのです。

長期投資が生み出す具体的な利益

では、長期的な資産運用が生み出す利益とは何でしょうか?それは配当金や賃料収入などのインカムゲインです。例えば株式では、利回り3%を超える銘柄は珍しくありません。これまでに長い歴史がある会社の全てが今後の数十年の間に衰退していくことは考えにくく、持っているだけでいずれは購入金額をペイできると考えられます。もちろんいくつかの会社は時代とともに無配化したり、経営不振に陥ることはあるでしょうが。不動産も同様に、建物はいずれ老朽化しますが、土地に関しては永久に劣化することはなく、利益の源になり続けます。短期、もしくは数年程度での投資ではリスクとなることも、数十年というスパンで考えると多くのことでリスクヘッジができてきます。いかに長く運用するかが成功のコツです。

金の先物は、世の中の状況に応じて価格が大きく変動する場合もあるため、こまめに価格をチェックすることが重要です。