宅建の資格取得に向けて効率の良い学習方法

宅建の試験勉強に取り組もう

宅建の資格を取得するには、国家試験の合格が必要となりますが、民法や宅建業法など、過去の問題の傾向を探りながら、専門の分野を重点的に学ぶことが大切です。宅建の国家試験は、合格基準が満点の7割程度に設定されることがあり、必ずしも高得点を目指す必要はないものの、試験に出題されやすい問題を繰り返し解くことにより、解法のパターンをきちんと理解することが大切です。また、不動産会社に勤めている人や、法律を学んだことがある人であれば、市販品のテキストや問題集を利用することで、合格点を目指すことができます。その他、合格点に達するため、各地の予備校などの対策講座を利用しながら、苦手分野を早期に克服することも有効です。

宅建の資格が役立つ場面

宅建の資格を取得することで、不動産会社の営業担当者としての就職の際に有利になることはもちろん、金融機関や保険会社などで不動産に関する知識が役立つこともあります。最近では、不動産会社の中途採用の選考の際に、宅建の資格を所持していることが条件となることもあり、転職活動中の求職者の間でも人気の資格となっています。特に、賃貸物件や一戸建て住宅を扱う不動産会社においては、顧客に重要事項の説明を行うにあたり、一定数の宅建の有資格者の配置が法律で義務付けられており、各企業で資格手当の支給が行われることも少なくありません。そこで、スキルアップを目指すにあたり、宅建の資格取得に向けた勉強に取り組むことがオススメです。

少しでも法律を勉強したことがある方は宅建の講座を受講しなくても独学で取得可能ですが、一般的にはかなり難しい試験です。