税理士の資格を取るための最短ルートを調べよう

税理士の資格取得に向けた対策

税理士は、将来的に税理士法人に就職をしたり、個人事務所を立ち上げたりするうえで、価値の高い資格となっています。特に、国家試験の受験をするにあたり、簿記や会計学、経済学などの様々な専門知識が要求されるため、数年間をかけて対策に臨む人が少なくありません。また、税理士の国家試験では、科目ごとの合格が認められており、年度をまたいで全科目の合格を目指せるという特徴があります。最近では、税理士の国家試験の傾向と対策にこだわるうえで、経験豊かな講師が揃っている予備校で受験対策を立てる人もいますが、学習期間の長さや授業料の高さなどにこだわりながら、通学先を選ぶことが大事なポイントです。

試験以外の税理士の資格の取得方法

税理士の資格を取るには、様々な方法がありますが、国家試験に合格をするほかにも税務署などで一定期間の実務経験を積むことで、税理士として開業申請を行うこともできます。また、公認会計士の資格を持つ人は、税理士会に開業申請を行うことにより、税理士の国家試験に合格することなく業務を始められます。そのため、将来的に税理士の仕事をしたい時には、各自の年齢や職業などに応じて、資格の取得に向けた最短のルートを選ぶことがポイントです。近年では、税理士になるためのサポートが行われている大学や専門学校も増えています。そこで、少しでも税理士の資格に興味があれば、早いうちから様々な取得方法のメリットやデメリットを比較してみることがおすすめです。

税理士は独占業務が出来る国家資格ですが、税理士の講座は専門学校や大学の法学部、通信講座、半分独学でも受講する事が出来ます。